掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症ネット

おすすめ記事

掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症とはどういった病気なのかについて

医療関係者も知らない掌蹠膿疱症

医療関係者であっても掌蹠膿疱症とは何かについて知らないことがある

掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症という病気を知っていますか。

全く聞いたことがないし読み方もわからないという人もいるかと思います。

「しょうせきのうほうしょう」と読みます。

女優の奈美悦子さんもかかった病気で会見を開いたり、テレビでも掌蹠膿疱症について語られることもあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

掌蹠膿疱症というのはてのひらや足の裏にブツブツと赤い斑点のようなものができる病気です。

斑点ができてもしばらくすると消えることもあります。

また足の裏にできることから水虫と勘違いするケースもあります。

この掌蹠膿疱症ですが赤い斑点が手のひらや足の裏にできるだけでなく鎖骨や骨などが炎症を起こすこともあります。

そしてこのように炎症が起こると奈美さんのように耐えがたい激痛に襲われることになるのです。

しかもこの痛みというのはなかなか人に伝えるのが難しいです。

この痛みを理由に自ら命を絶ってしまう人もいるほどなのです。

この掌蹠膿疱症というのは奈美さんが会見を開くまで一般的に知られているという病気ではありませんでした。

しかも医療関係者ですらよく知らない、もしくは聞いたこともないというような状況だったのです。